ホーム > 企業情報 > DXへの取り組み

DXへの取り組み

◆当社におけるDX

 当社は「ICTの提供による中小企業への経営支援を通じた社会貢献」を社是として、お客様である中小企業向けに、常に新しい商品、新しいサービスの開発に挑戦してまいりました。
テクノロジーの進化により、多くの企業でデータとデジタル技術を活用した、製品やサービス、ビジネスモデルそのものの変革による、新たな価値創出が求められています。
 このような環境下において当社がお客様と共に持続的に発展するために、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を強化するとともに以下5つの方針を掲げ、企業価値の向上を目指します。

(1)お客様にPlus1の付加価値・売上拡大につながるシステム・コンテンツを提供する。
(2)ペーパーレスを実現し、業務改善や効率化、SDGsに向けた取り組みを行う。
(3)レガシーシステムを廃止し、クラウド型のシステムに刷新・移行する
(4)場所にとらわれずに、在宅・社外どこからでも仕事ができる環境を構築する。
(5)デジタルを有効活用し、顧客満足度の向上を図る。

◆コアビジネスのDX戦略

 当社は理美容業界に必要なシステムとコンテンツを提供しております。
POSシステムとスマホアプリ、コンテンツサービスを併用して利用することで、サロン顧客の新規獲得やリピート集客につなげることができます。
営業活動の変革とお客様のニーズを捉えた最適な商品・サービスを提供することで、当社と理美容業界のDX化を普及・推進させることを目指します。

◆DXのシナリオ・ビジョン

  当社では、DX推進を進めるために、全3つのフェーズに分けて取り組みを行います。
 『お客様へのDXサービスの提供』、『社内のDXの推進』を実現するために、より多くのDXプロジェクトに取り組んでまいります。

◆DX推進プロジェクト達成を図る指標

 当社ではDX達成の指標として以下項目を掲げております。

<レガシーシステムからの脱却>
①ブラックボックス化されているレガシーシステムをクラウド向けのサービスに移行する。
 ※2021年度 ⇒ レガシーシステムを0にする

<在宅・テレワークへの普及>
①ノートパソコンを支給し、在宅ワークできる環境を提供する。
 ※2021年度 ⇒ 達成率100%にする
②コールセンターの機能強化を行い、在宅からもサポートできる環境を用意する。
 ※2023年度 ⇒ 達成率100%にする

<ペーパーレス・業務改善に向けた取り組み>
①ペーパーレスを実現し、印刷枚数の大幅削減を実現する。
 ※2021年度→2024年度 ▲75%削減
②ワークフローを導入し、社内文書の脱ハンコを促進することで業務効率を図る
 ※2021年度→2024年度 ▲50%の申請・承認業務時間の短縮
③RPAの導入により事務処理の短縮を実現させる
 ※2021年度→2026年度 ▲50%の事務作業時間短縮

<デジタルを有効活用した顧客満足度の向上>
①サポートセンターの強化を行い、顧客満足度の向上を図る
 ※2021年度→2024年度 150%の満足度向上

<販売戦略・コンテンツの提供>
①ストック型ビジネス(コンテンツ・サービス)の収益を増やす
 ※2021年→2026年度 200%の売上拡大を目指す
②デジタルマーケティングを活用した、オンラインからの新規顧客集客率を増やす
 ※2021年→2026年度 300%のオンラインからの新規顧客獲得増を目指す

◆DX推進プロジェクト体制

 DX推進プロジェクトの達成を実現させるために、代表取締役社長直轄の『DX推進プロジェクト』チームを設置しました。
情報システム責任者を中心に、ICTに精通しDX推進をリードするメンバーにて構成されております。

DX推進PJ体制.png


◆DXの取り組み状況(トップレビュー)

 コロナ禍によりビジネス環境が大きく変化する中、ITの役割はますます重要なりますが、従来より利用しているCRMやメールなどのレガシーシステムがDX推進を行う上で足かせになっておりました。 
 当社のDXの取り組みとして、5つの方針をベースに目標を設定し、施策に取り組んでまいりました。

(1)社内外の会議やコミュニケーションツールとして、これまで電話やメールを使用していましたが、ZoomやLineWorksを導入したことで時間の大幅な効率化やコミュニケーションの活性化を図りました。

(2)DX推進を活性化するために、当社で利用していたレガシーシステムをクラウドのシステムに全て刷新することで、在宅ワークに対応できるようにしました。

(3)顧客管理や営業支援、コールセンターシステムは独立したシステムで運用しておりましたが、全て1つのシステムに統合することで、営業・サポート体制を強化し、ビジネスの環境変化に迅速に対応できる仕組みを構築しました。

(4)ペーパレスを実現するために、社内の経費精算のワークフロー化、契約書類の電子化を行いました。
 紙・書類への押印の必要がなくなり作業効率の向上に繋がりました。

 DXプロジェクト数を増加させるために、社内外のDXをさらに加速してまいります。