ホーム > 企業情報 > 経営戦略

経営戦略

新たなる挑戦・・成長への挑戦

 10年継続する企業は10%以下と言われる昨今ですが、50年、100年と続く企業は、企業そのものや商品・サービスに多くのファンを抱えているといわれております。TBCSCATでは、すべてのステークホルダーに感謝し、未来へ飛躍する企業作りを続けてまいります。

 当社は「少数精鋭」を掲げ組織改革、構造改革を実施しリストラクチャリングを推進しました。

  □ 2005年~2011年 構造改革と優良企業構想

  □ 2012年~2016年 株式上場への挑戦

  □ 2017年~2019年 成長への挑戦

  □ 2021年~2025年 ニューノーマル時代の変革と創造

 2020年に発生したコロナ禍は、企業経営に「ニューノーマル」への転換を要求し、古い仕組み・慣習が崩壊となり、新たな常態・常識により構造的な変化が避けられない状況にあります。
 また、デジタルテクノロジーによるさらなるイノベーションは、人々の生活に変化をもたらしていくものと思われます。
 当社の提供する商品・サービスも、こうした環境の変化に対応できるよう大きな変革を求められています。

「ポジティブ&アクティブ」

 TBCSCATは、全てのステークホルダーに感謝しさらなる期待に応えるべく、企業価値の向上を図ると共に、未来へ飛躍する成長への挑戦が必要と考えております。
 当社は、2025年を目標とした中長期経営戦略の推進をポジティブかつアクティブに進めてまいります。

企業ミッション

 当社の企業ミッションは、「ICT技術の提供による中小企業への経営支援による社会貢献」です。ニューノーマルへの対応により、中小企業ビジネスの新しい支援のために変革を進めて行きます。

コーポレイト・ガバナンス強化の取り組み

  当社は、株主や投資家、従業員などのステークホルダーの利益を守るためコーポレート・ガバナンスの強化への取り組みを行っております。

・社外からの客観的な視点を取り入れるため社外取締役・社外監査役の積極登用
・執行役員制度の導入により、業務の可視化と事業上の責任・権限を明確する。
・事業の健全運営の継続

「Marketing&Innovation」

1.明確な成長戦略(成長分野への投資、アライアンス)

2.成長を支える基盤づくり(若手・中堅社員の増強、スペシャリストの育成)

3.多様性を活かした組織(人事制度を見直し、能力ある若手人材の登用